美白は女性の美しさを測るバロメーター|紫外線からお肌を守る

光エネルギーでシミ取り

水着のレディー

メラニンを分解

最新の美容医療の力を借りれば、頑固なシミ・そばかす・くすみなども綺麗にリセットできます。美容系のクリニックには沢山の美白系の治療器があります。代表的なのが光エネルギーを用いたフォトフェイシャルやフォトシルクプラスです。フォトフェイシャルはIPL(インテンス・パルス・ライト)、フォトシルクプラスはUPL(ユーシャープ・パルス・ライト)という光をもっています。フォトシルクプラスはフォトフェイシャルよりもメラニンの分解力が強く、深いところにあるシミ予備軍に効果があります。表皮に出てきていない、シミになる前段階のメラニンを消すことができて、肌をワントーン明るくできます。また、レーザーだと困難な肝斑の治療もできます。肝斑にレーザーをあてると悪化してしまうことがあります。しかし、フォトシルクプラスは均一で低出力な光線がメラニンに働きかけて、頑固な肝斑を薄くする効果があります。フォトフェイシャルもフォトシルクプラスも、目を保護するゴーグルをつけてから照射します。照射しているときは血行が良くなって肌の内部がほんのり温かく感じます。痛みはないので快適に施術を受けることができます。施術を受けた後は肌が赤くなったり、ひりひりしたりすることがあるので、保冷剤などでクールダウンして熱を取ります。落ち着いたら洗顔・化粧をして施術は完了です。光をあてた部分のシミや肝斑は、施術をする前よりも濃くなりますが、かさぶたになり、一ヵ月ほどすれば自然に剥がれていきます。

複合的なケアができる

フォトフェイシャルやフォトシルクプラスは、幅広い美肌・美白・アンチエイジング効果がある治療器です。シミやそばかす、ニキビ跡などのメラニンを分解する他、毛穴の引き締め、コラーゲンの生成、毛細血管の縮小による赤ら顔の改善などもできます。レーザー治療器はシミをピンポイントで狙って無くすことができます。一回で効果が出ますが、ターゲット以外のシミには美白効果がないというデメリットがあります。しかし、光エネルギーを持つ治療器は、顔全体の美白&美肌効果があります。細かいシミやそばかす、毛穴まで、一度に複合的にケアをして綺麗にできます。また、レーザーは光よりも光線の出力が強い分、ダウンタイムが長くなります。レーザーを照射した部分は出血や赤みが出るので、しばらく顔に絆創膏をして過ごす必要があります。しかし、光エネルギーを持つ治療器なら肌への刺激が少なくソフトなので出血がなく、治療後に絆創膏を貼らなくてもいいというメリットがあります。一回の効果が弱めなので治療回数を重ねる必要がありますが、定期的に治療を続けることで肌を美しく保つことができます。光エネルギー治療は医療行為なので医療機関だけで出来ます。フォトフェイシャルの1回の料金は7千円〜1万円程度、フォトシルクプラスも同じ程度の料金で受けることができます。3週間〜1ヵ月に1回のペースで定期的に施術を受けるのがお勧めです。3回〜5回のコース契約をすると、1回あたりの料金が安くなるクリニックもあります。